あると便利なカーオプション

車の機能も近年になって先進化すると軽自動車車やコンパクトカーであっても、ナビや優れたオーディオシステムは当たり前ですが、もっともすぐれた機能に安全性を確保する装備があります。

コンパクトカーや軽自動車の場合、オプションとして設定されることがあり、高級乗用車には標準として設定される機能に衝突回避装置があります。

この機能は、メーカーや車両により搭載された機能が異なり、名称も異なります。

超音波ソナーを搭載したブレーキシステムであったり、レーダー波を利用して反射を測定するレーダーブレーキシステムを搭載するなど、様々なテクノロジーが搭載されて、衝突やその際のダメージを軽減させる機能を持ちます。

前方への衝突回避を目的としたシステムから、自車が発する超音波機能により周辺の障害物を感知し、自動で衝突や接触を回避する装置が搭載されている車両があります。

自動車が先進化する中で、安全性は剛性と考えられていましたが、軽量化に伴う燃費向上が車内の安全性が損なわれることから、衝突回避とダメージ吸収に軽量化の3点を組み合わせて開発がされています。

軽やコンパクトカーなどでは、登録台数が多くなると事故も多くなり、このようなテクノロジーが組み込まれるようになったのでしょう。

Comments are closed.