地球環境に関する税金にはどのようなものがるのか

私たちが住んでいる地球の環境は、年々急速に悪化しています。

この原因にはいくつか考えられますが、中でも主要なものとされているのが工場や自動車から排出される排気ガスです。

第二次産業革命後、地球環境は一気に汚染が進みました。

それによって温暖化が進み気候も変化し、自然環境にも悪影響が出ています。

こうした現状に何らかの対策をしていかなければ、私たちの住む場所もなくなってしまうというのが世界各国の認識です。

しかし地球環境を改善するためには、多くのお金が必要となります。

それを工面する目的で創設されたのが、地球温暖化対策税と呼ばれるものです。

この税金は、石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を使った場合に、公平に負担することで地球を良くするための資金を集めようという目的で作られました。

具体的には化石燃料を使う際に自動で課税される仕組みです。

私たちが石油やガス、石炭を消費する際に、すでにこの課税がなされています。

導入時は負担感が大きいため、税率は低くされていました。

導入により経済発展に悪影響を及ぼすのを避けるためです。

税率は段階的に増えていき、現在は導入時の倍課税されています。

自動車も化石燃料を使って走っているために、運転することで様々なシーンで課税されています。

地球の環境を良くするためにも、エコを考えたドライブが求められています。

Comments are closed.