Archive for the ‘未分類’ Category

購入にかかる費用節約術

自動車の費用を節約するには、最近では低燃費車があります。

低燃費車の特徴としては、ガソリン代が抑えられるメリットがあります。

低燃費車は、最近では、リッター25kmは当たり前の時代になっています。

流石に新車だと、イニシャルコストがかかりますが、低燃費車を乗ることによってガソリン代はかなり抑えることができます。

中古車などで、軽を買う方法もあります。

軽だとイニシャルコストも安くで抑えることができますが、10年落ちの軽だとガソリン代が低燃費車に比べると高いのがデメリットです。

税金やタイヤ代は安くで抑えることはできますが、ガソリン代はどうしてもかかってしまいます。

最近では、ガソリン代は、徐々に下がってきていますが、中東問題などでまたいつ高くなるかはわかりません。

地域にもよりますが、コンパクトカーがいい場合があります。

坂道が多い県だと、軽は不便です。

馬力が普通車に比べると無いので、坂道が多いと軽は燃費が悪くなります。

また、雪が多い県でも、軽だと不便さがあります。

雪にハマると中々抜け出せないのがデメリットです。

雪の多い地域だと、軽でもせめて4WDで無いときついです。

費用を節約するにしても、地域の特性によって選択肢が違ってきます。

あると便利なカーオプション

車の機能も近年になって先進化すると軽自動車車やコンパクトカーであっても、ナビや優れたオーディオシステムは当たり前ですが、もっともすぐれた機能に安全性を確保する装備があります。

コンパクトカーや軽自動車の場合、オプションとして設定されることがあり、高級乗用車には標準として設定される機能に衝突回避装置があります。

この機能は、メーカーや車両により搭載された機能が異なり、名称も異なります。

超音波ソナーを搭載したブレーキシステムであったり、レーダー波を利用して反射を測定するレーダーブレーキシステムを搭載するなど、様々なテクノロジーが搭載されて、衝突やその際のダメージを軽減させる機能を持ちます。

前方への衝突回避を目的としたシステムから、自車が発する超音波機能により周辺の障害物を感知し、自動で衝突や接触を回避する装置が搭載されている車両があります。

自動車が先進化する中で、安全性は剛性と考えられていましたが、軽量化に伴う燃費向上が車内の安全性が損なわれることから、衝突回避とダメージ吸収に軽量化の3点を組み合わせて開発がされています。

軽やコンパクトカーなどでは、登録台数が多くなると事故も多くなり、このようなテクノロジーが組み込まれるようになったのでしょう。

絶対に失敗しないディーラーの選び方

新車を購入する場合、メーカー系販売店(正規ディーラー)で購入する手段が一番安く購入できるでしょう。

その他の自動車取扱業者はすべてメーカー系販売店から取次による販売をしています。

直接、メーカー系販売店で購入すると業者に支払われるコミッションがなくなります。

しかし、簡単に安く価格を下げるかと言えばそうではありません。

値引額は標準的な値引価格が設定されており、それ以上の値引きは難しいです。

ただ、販売店で設定できるオプションなどをカスタマイズすれば、オプションのサービスが入り、総額からの値引価格が多くなります。

大抵、同県内のメーカー系販売店はネットワークにより値引価格が吊り上がらないように、協定を設けています。

異なるメーカーの場合、消費者の獲得競争原理が値引価格を上げることがあります。

また、県を跨ぐ販売店では、広く消費者獲得を図るため、多少値引額やオプションサービスなどが多くなることがあるでしょう。

さらに問題となるのは、下取りがある場合、価格をいかに高く引き取るかです。

値引やサービスが多くても、下取りとなる車が低く見積もられては、得にはならないため、並行して買取り価格を比較して高く見積もりを出す販売店で新車を購入することが良いのでしょう。

ボディタイプはライフスタイルにあわせて選ぼう

車を購入しようと考えている方の中には、一目ぼれで決めてしまう方もおられるかと思いますが、車の購入については一目ぼれだけで決めてしまうのは要注意です。

なぜなら、車は長く使用するものですから、それぞれの方のライフスタイル(これは将来のそれも含みます)に合ったものでなければ、買った車を活用できなくなり、車にとっても、購入者にとってもミスマッチとなってしまうからです。

上記の観点から、まず車を選ぶ際に注意すべき点は、そのボディタイプです。

その車に何人ぐらい乗ることが多いのか、どういった荷物を持ち込むことが多いのかは特に重要な点です。

例えば、3人以上乗る機会の多い方でしたら2枚ドアよりも4枚ドアの車のほうが便利でしょう。

また、荷物の点でもレジャー趣味の方はそのトランクの広さだけでなく、長尺物が載せられるかなど、車内レイアウトを変えたりできるかどうかといった点についても考えておくことが重要です。

加えて、人数だけでなくその年齢についても考えておくことが重要です。

例えば小さな子どもがいる場合は、チャイルドシートが取り付けやすい点だけを考えるのではなく、より将来についても見据えて子どもでも開けやすいスライドドアを採用している車を選ぶなどを検討することがよいでしょう。

車を買う手順

新車購入の前に準備しておかなければならない事は沢山有ります。

まずは自分のライフスタイルに合う車はどんな車か知らべる事。

そしてそのライフスタイルに合う車の金額この二点をインターネットや、本でリサーチし、まずは車屋さんに行ってみましょう。

車屋さんにはディーラーと呼ばれるメーカーと直接契約した新車販売をメインにした店舗と、そして町の自動車屋さんや色んなメーカーを扱っている車屋さんが有ります。

その中でまずは国道などの幹線道路沿いにあるディーラーに出かけましょう。

そして自分のライフスタイルに合う車についてカタログをもらい、同じ予算で変える他のメーカのカタログももらいましょう。

その中で選んだ車の中にもグレードと言われ装備の違うランクが数種類あり、車を便利に使う装備が価格によって違ってきます。

自分が必要と思う装備を営業の方に聞きながらチョイスし、予算に合う様に相談していきます。

そして予算に合う様に相談が出来そしてどの車を買うかを決まれば最終的には契約書に印鑑を押し、残りは営業の方に任せて注文をし大体納車まで一か月から二か月は最低かかりますので気長に待ちましょう。

この様に調べる事からスタートし、そしてお店に行けば車を買う事が出来ます。

手順は簡単ですので気負わずにチャレンジしてみましょう。

知っておくとお得な車検事情

車を公道で走らす為には国で指定された機関で整備・検査が必要です。

乗用車の場合は新車で購入した場合には三年目に、その後は二年ごとに検査を受けなければなりません。

その場合はディーラー工場にだす場合が一番多く、その次が一般整備工場、ユーザー車検の順番です。

ディーラーに頼む一番の理由は信頼でしょうが、価格もそれなりに高い場合も多いです。

もちろん整備・交換箇所が多いので価格も高くなります。

車を安全に走らすには定期的な整備は必要ですが、実際の検査ラインで検査する項目は決まっています、逆を言えばそれ以外は検査しません。

例えばエンジンオイルが減ったり汚れたりすると、燃費が悪化したり最悪エンジンが故障してしまう事もあります。

しかしエンジンオイルが真っ黒だろうが減っていようが検査では見ないので未整備でも通ってしまいます。

価格が気になる人は見積もりを最初に出してもらい本当に今必要な整備なのかキチンと精査しましょう。

でも車の事が分からないという人は複数の業者に見積もりを出してもらい、それから決めてもいいでしょう。

ほとんどの場合は見積もりは無料です。

特に三月は需要月なので各社値引きキャンペーンを組む場合が多いので、時間があればいくつか業者を回りましょう。

検査は一ヶ月前から受けられるので、四月のステッカーの車は三月中に検査に出すほうが安く済ませられます。

エコカー補助金を受け取るために

エコカー補助金とは、新車を購入した時に条件を満たしている時に限って補助金を受け取ることができる制度のことをいいます。

条件にはいくつかあり、まず第一に、環境的に性能の良い自動車を購入する必要があります。

環境的な性能の良さとは、主に車の燃費の良さのことを指しています。

具体的には国が定めている燃費基準に達成した車でないといけません。

この基準は各自動車メーカーが製品に明記して販売しているので、カタログで調べたりディーラーで尋ねることで基準を満たした車がわかります。

自動車のエンジンの種類で区別されているわけではないので、ハイブリッドならどれでも当てはまるとかガソリンエンジン車は適用外というわけではありません。

ガソリンエンジン車でも燃費の良い車であれば指定されていますし、最新のプラグインハイブリッド車やクリーンディーゼル車も対象となっています。

車自体の条件に加え、新車として購入していることも重要な条件です。

というのも新車として登録されたもののみが該当し、中古車はすでに登録や届け出たされているので該当しないからです。

購入した時期についても制度で期間が定められているので、こちらも確認しておく必要があります。

実際に補助金を受け取るには、使用者が申請しないといけません。

期限までに申請して認められることで、初めて補助金が振り込まれます。

環境税って一体どういうもの?

様々な種類のある「税金」ですが、年々深刻化する「地球温暖化」の防止に向けて新たに導入された税金が「環境税」です。この税金は、平成24年の10月から段階的に施行されており、平成26年4月1日から2段階目の税率が適用されています。

この税金の課税対象は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出する石油や天然ガス、石炭など、全ての化石燃料です。

日本では、2050年までに温室効果ガスを80パーセント削減する目標を立てています。

日本から排出されている温室効果ガスの9割は、化石燃料などのエネルギーを使ったことによって排出される二酸化炭素が占めており、将来的に温室効果ガスを削減するためには、二酸化炭素の排出を根本的に抑制していく必要があります。

課税対象となる化石燃料によって二酸化炭素排出量は異なるため、各化石燃料ごとの二酸化炭素排出量に応じて税率を設定しています。

それぞれの税金負担は、二酸化炭素排出量1トン当たり289円となっており、平成28年4月より3段階目の税率が適用されるようになります。

これによって、私達の家計にも負担がかかるようになります。

平均して年間で1200円程度の税負担がかかりますが、他の税金と異なり「負担軽減策」は考慮されていません。

地球環境に関する税金にはどのようなものがるのか

私たちが住んでいる地球の環境は、年々急速に悪化しています。

この原因にはいくつか考えられますが、中でも主要なものとされているのが工場や自動車から排出される排気ガスです。

第二次産業革命後、地球環境は一気に汚染が進みました。

それによって温暖化が進み気候も変化し、自然環境にも悪影響が出ています。

こうした現状に何らかの対策をしていかなければ、私たちの住む場所もなくなってしまうというのが世界各国の認識です。

しかし地球環境を改善するためには、多くのお金が必要となります。

それを工面する目的で創設されたのが、地球温暖化対策税と呼ばれるものです。

この税金は、石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を使った場合に、公平に負担することで地球を良くするための資金を集めようという目的で作られました。

具体的には化石燃料を使う際に自動で課税される仕組みです。

私たちが石油やガス、石炭を消費する際に、すでにこの課税がなされています。

導入時は負担感が大きいため、税率は低くされていました。

導入により経済発展に悪影響を及ぼすのを避けるためです。

税率は段階的に増えていき、現在は導入時の倍課税されています。

自動車も化石燃料を使って走っているために、運転することで様々なシーンで課税されています。

地球の環境を良くするためにも、エコを考えたドライブが求められています。